ヒアルロン酸とコラーゲンの違い

ヒアルロン酸とコラーゲン

ヒアルロン酸とコラーゲンは、美容や健康に興味がある人に注目されている成分です。

肌に潤いを与えたり、関節の働きを滑らかにするのにどちらの成分も効果的です。
案外多くの人が、ヒアルロン酸とコラーゲンは似たような成分だと思っている人もいるようですが、実は異なる物だといいます。
コラーゲンとヒアルロン酸では、もともと土台となる物質がそもそも異なっているのです。
ヒアルロン酸は糖の一種で、ムコ多糖類に分類されます。
コラーゲンはたんぱく質の一種です。人体に存在するたんぱく質のうち、およそ3分の1がコラーゲンです。
コラーゲンは細胞と細胞を結びつける働きがあります。
たるみやしわが、コラーゲンが足りなくなってしまった肌は弾力がなくなることで際立ってきます。
コラーゲンが関節から減ってしまうと、関節が痛んだりきしんだりするのは、関節の働きが低下してしまうからです。
さらに体内の水分を保つのに関係している成分がコラーゲンで、6リットルの水をコラーゲン1グラムでキープすることができます。
コラーゲンがあるのは体の中のいろいろな部分です。
肌の真皮層や関節に多くのコラーゲンがあるので、肌が乾いた感じになるのはコラーゲン不足が原因だといえるでしょう。
ヒアルロン酸が肌の細胞同士を結びつけ、コラーゲンが肌の水分を保っています。
ヒアルロン酸もコラーゲンも加齢と共に失われがちですが、肌の乾燥を防ぐためにはとても大事な成分です。